2018年03月21日

四輪アライメントでわかる修理制度

事故修理で保険を使用せずにお客様の自費で修理依頼があったお車です。
今回の修理とは関係無い右フロント部分を他の工場で修理されたそうですが、その時の修理が完全に車体寸法が修復されておらず、今回弊社で四輪アライメント測定をしたら、再度骨格修正を行わないと直らない事が測定値を見て判明しました。
BF5E923F-3D2B-4EB8-998A-0BC3A882CFB0.jpg17B8BA64-540F-4886-A7B8-9BD03983BA6A.jpgFB97196A-E67D-432E-ACAF-75A0E25C42F2.jpg

骨格修正をきちんとしないと、この様な足回りにも影響が出ます。

EFE9BF0C-DCCE-42DF-97B6-E3773F611F84.jpgC294F58C-4664-4BCD-B30F-F24466211D11.jpgA3E778E9-BAE1-452F-A014-E3D099B71F22.jpg

弊社では骨格修正時に必ず三次元測定器で車体寸法のズレをミリ単位で修正を致します。
お客様のお車を安心安全に修理致しますのでご安心下さいね^ ^

posted by マース社長 at 11:36| 大阪 ☔| Comment(0) | 鈑金塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: